自信をつける

ぬりえと色彩と心理のcolumn
jibun-time

私なんて・・・

色彩心理で自信をつける
自信ってなんだろ

って言ったことありませんか?


私なんて、なんの趣味もないから

私なんて、得意なものなんもないから

私なんて、何やっても続かないから

私なんて、できること何もないから

私なんて、私なんて・・・


それ、本当?

自信をもつには
わたしなんて・・・

私も「元・私なんて」

実は私も、そう思っていた時期がありました。

英会話は3回も初級コースにトライしてみたし
・・・全く英語、しゃべれません・・・


資格を取ろうと思って通信講座に申し込んだのに
一度も出さずに終わった消費生活アドバイザー講座
・・・もったいなかった・・・


そういえば、キレイな字にあこがれてカリグラフィーペンとかも買ってみたり。
・・・結婚式のウエルカムボード書いただけ・・・


会社員時代は「趣味がないから、何か趣味を作ろう!!」と
「仕事に関係ないことしよう(英会話も資格も失敗したから)」
・・・手に力が入らなくてもできることないかな?
ってことで、粘土細工をしてみたり。
これは毎年年賀状用に作ることだけ続いたっけ。

色彩に出逢うまで、ずーっと「私なんて」でした。

わたしは・・・?

自信がないから

自信がないから、始めることすらしなかったこともあるし

自信がないから、下を向いて目を合わさないようにしていたこともある

自信がないから・・・

ん?自信って、いつできるんだろう。

とりあえず積み重ねてみるけど

自信をつけるために、どうしたのか?

会社員時代は、それでも、目の前にある仕事をこなすので精一杯で
自信があろうがなかろうが、やるしかなかった中で、進んでいきました。

会社を辞めて、自分が頼る「枠」がなくなった時。
どうしようもなく不安になりました。
病気になったこともあり、
まさに、自信喪失。(その前にもなかったけど)

「自信」って、自分を信じるってこと。

それには、自分のことがわからないと信じられないですよね。

理解しがたいものって、怖いし、信じることはできません。

でも、自分が自分のことを信じてあげずに、
誰が信じてくれるのでしょうか。

私は、どうしたいんだろ?
私は、何がしたいんだろ?
わからないと、立ち止まったままになってしまう。

だから、知りたい。
日々、ぬり絵などの色彩表現を通して自己対話を繰り返しました。

ぬりえと色で何度も自己対話を重ねる

迷ったら、色に聞いてみる


ぬり絵や自由画など、色彩表現のいいところは
ビジュアルとして、残ること。
その時、その時の自分で対話することもあれば
過去の自分と対話して、初めて気づくこともある。

色彩表現は、私の心の財産。
そして、心の財産が増えるにつれて、自分を信じていけるようにもなりました。

アトリエコロリアージュレッスンぬりえ
私だけの心の財産になる色彩表現



言葉にならない思いも、ちゃんと活き活きとした表現になる。

表現になれば、他の誰でもない、自分で自分を受け止めることができる。

だから、

「迷ったら、色に聞いてみる」

自信がなかった私が続いたこと

色鉛筆で色相環
色に囲まれて生きる

色彩の世界に入って17年。
色彩心理の世界に入って15年。

いつの間にか、こんなに時間が経っていました。

こんなに続いているのは初めてのこと。

私も最初は、自信がなくてドキドキしてばっかりでした。

でも、それを上回る「やりたい」と「楽しい」があった。

今でも、自信があるのか?と言われると
毎日、試行錯誤の連続です。
ドキドキもします。

でも、それはアートセラピーが「人」が相手だから。
「こういうもの」っていうガッチガチの型がある訳じゃないから。

でも、だから、好きなんです。
でも、だから、面白いんです。

もちろん、うまくいくことばかりじゃありません。

でも、だから、その度にセルフセラピーして
それを糧として続けられているのだと思います。

あなたも、自分だけの心の財産を築いてみませんか?

気軽に色彩心理を体験

●ぬりえで脳活!アートセラピー              

●ぬりえアートセラピー
 オンラインレッスン

しっかり自分を見つめて、行動につなげる

●オーダーメイドアートセラピー

自分でセルフセラピーできるようになる

●色彩心理basicクラス


色彩心理 ぬりえアートセラピー 色彩アートセラピー を 名古屋 金山 愛知 岐阜 三重 のお客様へお届けする アトリエコロリアージュ 自己実現 自己啓発 言葉にならない思い 苦しい 不安 安心 安全 幸せ 幸福 縁起物  なんでも人生相談 心の健康  福寄せ 福色 脳活

コメント