緑の心理

色彩心理グリーン 色彩心理
緑の色彩心理
色彩心理グリーン
緑の心理

緑色で表現される心理

緑色は、お好きですか?

新緑が美しい季節。
緑を目にすると、ほっとする人も多いのではないでしょうか。

緑のイメージを学生さんに聞くと

◎やすらぎ
◎癒し
◎優しい
◎穏やか
◎リラックス

◎健康


などという言葉が多くあげられます。

自然の緑
瑞々しい新緑


暖色でも、寒色でもない緑は中間色ともいわれます。

緑は植物の色。自然を代表する色でもありますね。
長い冬から目覚めて、春、新しく生まれる芽吹きの色。
そのことから、生命力をイメージする色でもあります。

緑を手に取りたくなる時は、
いきいきとした輝きを生み出すために
芽吹き成長する力を心がたくわえている時かもしれません。

緑色から受ける影響

では、緑色を見た時、あなたはどんな印象を受けるでしょうか。

身近なもので、緑色から思い起こされるものはなんでしょう?

どなたでも、一度は目にしたことがあるのが
「避難口」のマーク。

工事現場では、こんな緑のマークもありますよね。

緑の安全マーク
工事現場でご安全に

「安全第一」と書かれているように
緑は、安全のイメージにつながる心理があります。

こらが、赤で描かれていたらどうでしょうか?
むしろ、「ここは危険」というサインになりますよね。

安全マークや避難口マークに代表されるように
緑色は、安全をイメージさせ、安心感を与える色なのです。

安心、安全をイメージすることができる緑色。
心の安全が脅かされていると感じた時
手にしてみたら、心が穏やかになるかもしれませんね。

一般的な色彩心理のほんの一部のお話です。感じ方には個人差があります。

コメント