雨の色はどんな色?

暮らしの色

雨の色って何色?

今年は例年よりかなり早い東海地方の梅雨入りとなりました。

梅雨入りが早いと梅雨明けが遅い傾向にあるそうです。
雨と長いお付き合いになりそうですね。


ところで、雨の色って、何色だと思いますか?

雨は水ですので、無色透明・・・ですが、

だからこそ、季節や状況によっていろんな色に見えることもあるんですね。

そんな色の名前がついた雨をご紹介します。

【翠雨 すいう】

新緑をぬらして降る恵みの雨。初夏の雨。
「翠」はカワセミの雌で、緑の羽が美しいことから、美しい緑色にあてています。
もちろん、緑は樹木の葉の色。

同じ新緑に振る雨を表して
「緑雨 りょくう」「若葉雨 わかばあめ」「青雨 せいう」「青葉雨 あおばあめ」とも。

【紅雨 こうう】

春の花に降り注ぐ雨。
紅い花が散る様子を雨に例える場合も。

ちょっとロマンチックですね。

でも、同じ赤を表す雨でも

「血雨 けつう」

という、黄砂や火山灰など、土壌由来の成分を含んだ、赤い色の雨というのもあります。
黄砂なのに、黄色じゃなくて、赤なんだ~というのが不思議なところではありますが。

どうせ降るなら、麗しい紅雨がいいですね。

【白雨 はくう】

夏の夕立や、にわか雨。

明るい空から勢いよく降るために白く見えます。「しらさめ」とも読みます。

さらに、「白驟雨 はくしゅうう」は、秋に降る雨粒の大きな雨、断続的に降る雨のこと。

「驟」に、激しいという意味があるということで、白雨の激しい版ですね。

【黒雨 こくう】

空を真っ黒にするような土砂降りの大雨。

最近の豪雨災害をもたらす雨はこんなイメージでしょうか。

できれば、ご遠慮したいところ。

皆さんも黒雨には気を付けてくださいね。


雨をイメージした色

そして、やはり「水」からイメージされるのが「青」

「るり色の雨」 「みずいろの雨」などと歌にも歌われていますね。

「レイニーブルー」なんていうのも。

雨の日は、内省的になりがちだからでしょうか。
 

雨色のネイル

雨の色をイメージしたネイルも発売されているそうですよ。

指先に雨色を彩らせたら、長い梅雨も楽しくなりそうですね。

こんな色のネイル?

雨あがりには


そして、雨あがりに現れるのが・・・

虹。

太陽の光を、水蒸気の水玉をプリズムにして、ひとつひとつの色に分かれて見えるのが虹。

虹を見ると、なんだか心が晴れやかになりますね。


あなたの心にも虹がかかりますように。



どんな雨の色をイメージするのかは、
どんな状況が思い浮かぶのか。につながっています。

あなたが思い描く雨の色は、どんな記憶と結びついているのでしょうか。

参考文献:雨のことば辞典・広辞苑他


そして、色には深層心理が表れやすいもの。

自分で使ってみた色に、どんな気持ちが隠れているのか
知りたいな、と思ったら
アートセラピストとお話してみませんか。

●ぬりえアートセラピーは、こちら

●オンラインぬりえアートセラピーは、こちら

●現在のスケジュールは、こちら

コメント