大人のこども時間

ぬりえと色彩心理のcolumn

自由にしてればセルフセラピーできる

子どものように自由に描く
小さな子どものように自由に

こんにちは、 ぬり絵で色彩心理とアートセラピーをお届けするアトリエコロリアージュです。

アートセラピーする時って、大人も子どものように自由にふるまえる時間だと思うのです。
「こんなこと描いたらいけないかな」
「こんな色使ったら、おかしいかな」
「せっかく描くんだから、キレイに描かなくちゃ」

小さな子どもは、そんなこと思いません。

ただ、描きたいから描く。
ただ、その色が使いたいから使う
ただ、自分が気持ちよく描く。

子どもは、自由にしていれば自分で勝手にセルフセラピーしているのです。

「ねばならぬ」を脱いでみる

自由に描く子ども
自由は心地よい

社会生活を送る中で、人それぞれ、
「こういうものだ」という基準が自分の中にできあがっていきます。

一番小さな社会、「家庭」生活を送る中で、それは既にはじまっています。

生きていく中で段々にかたまっていく「ねばならぬ」の枠。
あなたにも、ありませんか?

もちろん、時にはそれが大切だったり、役に立ったりすることもあります。
いきなり、「さあ!全部脱ぎ捨てて自由になりましょう~!!」
なんて、難しいですよね。

いや、私もできないし。

窮屈だなと思った時、重たいなと思った時

色彩心理ぬりえ
色彩心理ぬりえ

これまで元気にやってこれていたけど

なんか、窮屈だな、とか
なんか、しんどいな、とか
なんか、重たいな、とか
なんか、違うなと思った時。

そんな時、ちょっと「ねばならぬ」を脱いで子どもの自分にかえってみる。
そんな時、ぬりえはとっても簡単に子ども時間を味わえるツールになる。

クレヨンを握って、ぬりえに向かって、いっとき、無心でぬってみる。

そんな時間は、大人のための子ども時間。
ぬりえが癒しになるのは、そんなことができるから。
ぬりえの中で、子どもに戻って自由にふるまってみる。

思いのままに、手が動くままに、表現してみませんか?
あなたのための、こども時間。

色彩心理 ぬりえアートセラピー 色彩アートセラピー 名古屋 金山 愛知 岐阜 三重 のお客様へ アトリエコロリアージュ 色を楽しむ 自己実現 自己啓発 言葉にならない思い 人生相談 苦しい 不安 安心 安全 幸せ 幸福 縁起物 

コメント