言葉が大切で色彩心理に助けられた

クイーン ぬりえと色彩心理のcolumn
ボヘミアンラプソディ
クイーン
ボヘミアンラプソディ

こんにちは、 ぬり絵で色彩心理とアートセラピーをお届けするアトリエコロリアージュです。

先日、ボヘミアンラプソディを観てきました。

正直、洋楽が苦手だった私。
懐かしいからという訳ではなく
「爆音映画祭」という、話題作で音を体感できる回~というので、行ってみました。

観てよかった。
フレディが苦悩し、渇望し、表現したものが
なぜ心を打つ音楽になったのか、
何より実感として体験できたから。

そしてなぜ当時、洋楽を敬遠していたのか?
に思いを馳せました。

それは、「自分で歌えない歌は嫌」だったから。

言葉がわからないもの、
つまり意味がわからなければ嫌だったのですね。
・・・今でも、英語は苦手です・・・

裏を返せば、それだけ「言葉」に重きを置いていたということになります。

言葉が大事で、その重さを知っていたから
思いをうまく言葉にできず
言葉にできない思いを飲み込んで
心の中に抱えてしまうことになった
のでしょうね。

だから、色彩心理と出逢って
色に乗せて思いを出せることを知って
と~っても楽になりました。


言葉が大切だったからこそ、出せずに抱え込み
色に乗せて思いを出す、色彩心理に助けられたのです。


今でも、自分の思いをストレートに出すのは、実は苦手です。
「え~っ?ほんと~っ?」て言わないで・(笑)

でも、言葉にならない思いを色に乗せてまずは出してみて。
目で見て確認して、思いを整理して
改めて、言葉にしてみる。

これが、とっても私に合っていた方法だったんです。
一旦、色として表現すること。
たったそれだけのことですが
それがあるとないでは大違い。

色彩心理と出逢ったことによって
アートセラピーという表現方法を知り
苦手だった洋楽も、「音楽」というアート表現として
すんなり心に入ってくるようになりました。

色彩心理よ、わたしの人生を豊かにしてくれて、ありがとう(笑)
これからも、よろしくね。

みなさんも色に思いを乗せて表現してみませんか?

色彩心理 ぬりえアートセラピー 色彩アートセラピー 名古屋 金山 愛知 岐阜 三重 のお客様へ アトリエコロリアージュ 自己実現 自己啓発 言葉にならない思い 人生相談 苦しい 不安 安心 安全 幸せ 幸福 縁起物 

コメント